JUICYPOP

TOPICS

「心理カウンセリング」について、どんなイメージをお持ちですか?
 「ウツ病の人が行くところ」
 「壮絶な悩みを持つ人が行くところ」
 「どういう時にカウンセリングを利用したらいいか分からない」

と、現在の日本では実際に心理カウンセリングを体験されたことのある方は少なく、敷居の高いものです。
TVドラマや映画のシーンではよく見かけますが、実際の心理カウンセリングとは似て非なりのものが多く、誤解されている方も多いのが現実です。

心理カウンセリングが最も威力を発揮するのは、
 「なんとなく会社(学校)に行きたくない」
 「なんとなく気分がすっきりしない日が続いている」
 「なんとなく心が重い」
 「自分(他人)が嫌い(怖い)」
 「いつも同じような問題がおこってしまう」
 「問題や悩みが堂々巡りしてぬけだせない」
 「がんばっても力が発揮できない(認めてもらえない)」etc...
という状況から、いい加減この状態を何とかしたい!!と意識された時です。

もちろん自分自身でも前にも進めるし、解決もできます。
しかし、時間がかかったり、堂々巡りで結局もとの木阿弥になったり、自分自身の本当の意思とは違った方法で解決したために別の悩みを新たに作ってしまう結果となってしまうこともあります。

悩みを解決して人生を楽しくしてくれる宝の鍵はあなた自身の中に存在しています。
JUICYPOPはその宝の鍵を見つけるお手伝いをさせていただきます。


TOPICS

「心理カウンセリング」「心理療法」は医療行為ではありません。
従って、下記をご理解ください。
■各種保険の使用、適用はできません。
■診断は行いません。
■投薬は行いません。
■現在病院に罹られている場合、医師の投薬、休養の指示を優先してください。

保険もきかない、投薬もされないのに高い料金を支払うメリットは何?
と疑問をもたれているかと思います。
お医者様が1人の診察にかけられる時間というのは10分前後です。
また、投薬による治療という方法をとられるのがほとんどです。
眠れない、食欲がない、いつも不安だ...といった症状はお薬ですぐに改善するかと思います。
しかし、「うつ病」の場合はいったん症状が改善しても約60%が再発し、2回かかった人では70%、3回かかった人では90%再発するという統計がでています。
学校や職場に復帰しても、また「こころ」が納得しない状態が始まると「からだ」が反応してしまいます。
どうしたら「こころ」が納得してくれるか、楽になれるかという答えはあなた自身の中にしかありません。
「心理カウンセリング」はあなたと一緒に、あなた自身の中にある答えを見つけ出すお手伝いをします。
自分自身の「こころ」が納得した答えが見つかると、心と体が一致して同じ問題を繰り返さないようになります。



⇒ カウンセリングメニュー はこちら
⇒ よくあるご質問 はこちら