JUICYPOP

心理テスト分類  

「心理テスト」には、TVや雑誌、Webなどの日常的な場面で気軽に体験できるものから、企業の入社試験や自動車教習所のようなビジネスの場面で採用されているものなど、さまざまな種類があります。

まず「質問紙法」という心理テストは、質問に対して回答を数量的に評価する方法で、「あなたはXXタイプ」とカテゴライズされるものはすべてこの質問紙法にあたります。
質問紙法による心理テストは、気軽に実施、体験できるという利点がありますが、答えを意識的に操作できることが難点です。
※弊社オリジナル「おふざけ心理テスト」も「質問紙法」によるものです。こちら→で体験いただけます。

次に「投影法」という心理テストは、曖昧な刺激に対して個人が独自の意味づけを行い、自分で意識しない「無意識」が反映されることが特徴です。質問紙法のように答えを意識的に操作することができませんが、結果の評価が人的判断にゆだねられるため、解釈には熟練した技術が必要となります。
「ワルテッグ描画テスト」および「ワンシーン描画テスト」はこの「投影法描画テスト」になります。 無意識には、より意識に近い層、中間層、最も深い層があるとされており、「ワルテッグ描画テスト」および「ワンシーン描画テスト」は、意識に近い層が対応します。

ワルテッグ描画テスト  

 「ワルテッグ描画テスト」はエーリヒ・ワルテッグ(Ehrig Wartegg)によって考案され1939年に公表され、ウルスラ・アヴェ=ラルマン(Ursula Ave-Lallemant)に引き継がれたものです。
 無意識の心の内容が,8個の枠の中に与えられた刺激図の印象を通して投影されるもので、8つの刺激図はそれぞれのパーソナリティの異なった部分、レベルと関係するようにデザインされています。この刺激図に対して、クライエントがどのような印象を持ち、何を描き出すかを見ることにより、その刺激図と結びついたテーマに関するクライエントの反応を理解しようとするものです。
「ワルテッグ描画テスト」は、日本では1990年代の初めに紹介されていますが、いまだ書籍や資料が少ないのが現状です。弊社では2009年より独自に調査、収集したデータに、バウムテスト、SWテスト、HTMテスト、NLPのタイムラインのエッセンスを加え、従来どおりの解釈より現在の日本人に適した、より統合的なものへと進化させています。

ワンシーン描画テスト  

「ワンシーン描画テスト」は弊社が開発したオリジナルの描画テストです。 このテストは、「ワルテッグ描画テスト」の一つの枠の刺激図の印刷ミスというアクシデントからヒントを得たもので、具体的なテーマに対して取り組みたい場合に威力を発揮します。
堂々めぐりから抜け出せない、何度も繰り返してしまうような問題に対する納得のヒントが自分自身から受け取れます。
手順は簡単です。
  @テーマを短い文章で書く。
  A@で書いたテーマが解決するとどうなるかを短い文章で書く。
  Bなんとなく頭に浮かんだイメージを絵に描く。
ポイントは「選択されたテーマ」と「描画」の関係で、選択されたテーマが曖昧だったり自分の意に沿ってないテーマだったりすると、イメージが浮かんでこなかったり、描いた絵に違和感を感じたりします。

ワンシーン描画テスト


⇒ カウンセリングメニュー はこちら
⇒ よくあるご質問 はこちら