「抜け出せない悩み」と「3本の矢」

No Comments

久々の心理ネタですドキドキ

今日は私自身がカウンセリングで必ず行っている、心の「モヤモヤ」を「モ」「ヤ」「モ」「ヤ」に分解する簡単な方法をご紹介します。

「1本ではもろい矢も束になると強くなる」という
有名な毛利元就の「3本の矢」のお話があります。

抜け出せない悩み」とはまさにこの「3本の矢」です。
1つ1つは小さなストレスや悩みが
束になると強力な力を持った怪物のような存在になって体や生活すらも脅かす存在になってしまいます叫び

例えば、「会社や学校に行きたくない」ということを考えてみましょう。

満員電車に乗りたくない。
遠い。
XX(先生や友達、上司、顧客など)に会いたくない。
体調が悪い。
提出物ができていない。
嫌いなイベントがある。
雰囲気が嫌だ。
早起きが辛い。
勉強(仕事)が嫌だ。
他にやりたいことがある。

などなど実は小さなストレスが混ざっているはず。
人が悩んだり落ち込む場合には必ずストレスが2つ以上絡み合っています。
まずは徹底的に小さく分解してみましょう!
そうすると、どうでもいいものや、一時的なもの、後回しにしていいものが出てきます。
それらの矢は折っちゃいましょ!

ポキッポキッ

次は「自分以外の人への要求」と「過去の問題」も矢の束から外します。
「自分以外の人への要求」とは、
夫が浮気をやめない
子供が勉強しない
上司が仕事を教えてくれない
等などです。

そして、「過去の問題」とは
昔から話すのが下手
子供の頃のいじめが忘れられない
等などです。

「他人」と「過去」は変えることができません。
他人の矢や実在しない矢は折れません。
だから外すんです。
(ここが一番難しいところですが、もし、「他人」か「過去」が問題のネックであれば、別のやり方をします。)

こうやって1本1本にしていくと、本当に悩んでいる問題がはっきりして、「もやもや」状態から抜け出すことができるようになります。

当たり前にやっていることのようですが、実際に「もやもや」状態に突入すると意外にできない場合が多いんです。

もし現在「もやもや」状態にある方、是非試してみてくださいねウィンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です