カテゴリー: 心理本

BOOKS 2012

No Comments

たった今、年賀状完了で出してきたところです。
という訳で、元旦に届きませんですm(_ _ )m

それでは年末勝手に 恒例

JUICYPOP BOOKS 2012クラッカー

第1位

は迷いなくこれ

宇宙兄弟(1) (モーニングKC)

以前のブログでもご紹介したものです。
全てネットカフェで読んだんですが、
知らない人が周りにいても、笑いも涙も止められない
半端じゃない面白さグッド!
日本の漫画ブラボーですクラッカー

第2位

は、すご~く迷いました。

こんなことを書くと何様だ?と殴られそうですが、最近は「日本の心理学者」と言われる人の本を読んでも少しも「ホホ~~」と思うことがなかったんです。
未だ内容が古臭かったり、教科書みたいにどれも同じことが書いてあったりで、新しく得るものが見当たらない。

が、この本は久々に「ホホ~」が一杯で、心理を仕事にする心得みたいなものをもう一度考えさせられた一冊でした。

音譜オラは死ンジマッタダ~音譜

という歌をご存知でしょうか!?
私が小学生になる前に流行った、相当昔に一世風靡した曲です。
この歌を歌ってる方が精神科医になられてたんですね叫び
その北山修さんが、九州大学で最後に授業をされた時の内容が本になったものです。
「心理」を仕事にするかもしれない学生のための、丁寧で分かりやすい言葉で語られる内容が、まるで私も授業を聞いているかのように伝わってきた感じが忘れられません。
「心理」をお仕事にしようとされている方には是非お勧めですグッド!

第3位

これは、以前「やわらかな遺伝子」で紹介させていただいた、あの
マット・リドレー氏の作品。

「木を見る人」と「森を見る人」がいるけれど、この人は常に「森を見る」目線で物事を考えることができる人だ。ウラヤマシ~ラブラブ

自給自足が最近はまた密かにブームになっているけれど、それじゃ人は繁栄しないし豊かになれなかった。
JUICYPOPも早く自給自足から抜け出したいもんです。

一昨年あたりから本の読み方が徐々に変化してきて、
今年はほとんど小説を読んでいません。

読みたい小説はテンコ盛りにあるのですが、
読みたい小説以外の本もテンコ盛りビックリマーク

あ、でも読みたい本がたくさんあるのってちょっと幸せラブラブ

来年はもっと読むぞ~~ビックリマーク
オ~~~(ちょっとゴクセンの真似)アップ

Categories: 啓発本 心理本

「仕事」について考える!「あなたの天職がわかる 最強の自己分析」

No Comments

「仕事」について毎日100回くらい考えるビックリマーク
なんちゃって~~~100回というのは嘘ドクロ
しかし、多分10回は考えてると思うDASH!

自分の仕事のことももちろん考えるけど、
「人にとっての仕事の意味」とか
「対シニアの仕事」とか、
「失業からどうやって復活する」といった、
「仕事」というテーマでだ。

昨年一年間はどっぷりと職業訓練の講師の仕事をさせていただいたので、
気が付くとますます「仕事」のことを考えるようになった。
職業訓練校では18歳~70歳までの方達とお会いしたが、
すぐに仕事が決まるだろうな!と思える方と、
仕事が決まっても、すぐに辞めちゃうだろうなと思える方、
就職はなかなか難しいだろうなと思える方がいらっしゃった。

どんな職種であってもコミュニケーションが上手い人はどうにでもなるんじゃないかと思う。
私にとってコミュニケーションが上手い人とは、

「相手との距離のとり方がうまい」
「自分のことも人のことも客観的に見れる」
「常識がある」

人だ。

上記がうまくできないと、自分と他人を比較して悲しんだり怒ったり、
ちょっとしたことで気分を害して切れたり落ち込んでしまう。
また、他人の評価ばかりが気になって身動きが取れなくなったり、
自己主張ばかりで他人(会社)が見えなくなっている。
そしてそのことを、凄く後悔したり、ストレスで病気になったりする人もいる。
私の周りでグチや文句ばっかり言う人はいつも具合が悪かったり風邪をひいているような気がする叫び

偉そうにこんな内容をUPしている私自身については、
コミュニケーションが上手いかというと「普通」で、
決して上手いほうではないのあせる

仕事に関して自分のことを客観的に見るのは難しい。
自分にはどんな仕事が向いているのか/そうではないのか。

↓は仕事に対しての自己分析をするのに凄くいい本だと思う。
これから就職活動をしようとしている人や、仕事に対して迷っている人には是非お薦めだ。

あなたの天職がわかる 最強の自己分析/梅田 幸子

¥1,365
Amazon.co.jp

本文によると、なるほど仕事は、以下の3つに分類できる。

ライフワーク:Life Work 生涯を通して取り組みたい仕事
ライクワーク:Like Work 「向いている」し「やりたい」仕事
ライスワーク:Rice Work 生活費を稼ぐために嫌々する仕事

家族を抱えていたり、失業が長引いたりするとついついライスワークに走ってしまうけど、
結局再び失業する結果になるのだろう。
しかし、40代以上の再就職が難しい今、お掃除やガードマン以外の仕事はなかなか見つからない。
ライフワークやライクワークなんて言ってる場合じゃない人のほうが多いと思う。

全く何もないところから仕事を作るのは難しい。
考えても何も生まれないし、起業して未だ誰の役にも立ってないのが悔しいDASH!
だけど少しでも「ライスワーク」から「ライクワーク」に変化できるお手伝いができるように常にアンテナだけはビンビンに立てておこうと思っている。

Categories: 心理本

ジーパンをはく中年は幸せになれない

No Comments

一時期話題になった

ジーパンをはく中年は幸せになれない

を読んだ本
ジーパンをはく中年は幸せになれない (アスキー新書)/津田 秀樹

¥800
Amazon.co.jp

この本相当面白いですグッド!

タイトルだけ見ると
いい加減、若作りはやめろ~パンチ!

という風な内容かなはてなマークと思ってしまいますが、誰もが体験してたり、周りの人がそうだったりする現象を心理学的にわかりやすく説明してあります。

面白そうな目次を抜粋すると、

大人買いで心は満たされない
甘いものを食べると不幸感が高まる
大切な仕事の前日ほど深酒がしたくなる
「こういう女はダメだ」と言いながら、そういう女と浮気する
なぜ大学教授が痴漢をするか
95%の看護婦が危険な薬を投与してしまう
不幸がうつるのはなぜか?
etc…

飲みネタとして大活躍しそうですぜビール

Categories: 心理本